若き音楽家達へ一言 

若き音楽家達へ一言 



このピアノは 私の大切な宝物。
弾いていいのは 私と息子と特別な弟子だけ。
先日のこと帰宅したら母が弾いてたよ〜
「えっ!おばあちゃん、お歌のお稽古に弾いてるよ〜」
母が内緒で使っていたけどまぁいいか・・・(本当はよくないよ〜)

若き音楽家たちに話したいのは この話じゃなくて
Emiさんが後悔してることの一つ。
楽器は 借金してでも良いランクの物を買うことです。
同じグランドでも大きいサイズを選ぶことです。

後悔は ウィーンから帰国した当時
私は ヤマハのグランドピアノを選定に浜松工場まで行きました。
C7が欲しかったたけど当時の値段マンション新築3DK500万のところC7が約200万でした。
この額は 大きかったのでC3を購入。これを今だに後悔してます。

ベーゼンドルファーはウィーンから持ち帰りアトラスのグランドを購入。
現在レッスンに使用してるC3は 幾度か良いC3にと買い替えました。
C3(昔の物)の良いところは 響板です。2度と手にはいらない木材を使用してます。
それでも後悔は・・・帰国後、頑張ってC7にすれば良かった!


スタインウェイは ドイツまで選定に行ってもらいサイズを大きめにしたので大正解。
ハワイに引っ越した時は ベーゼンのフルコンが手に入る値段(コンサートホールで使用したもの)でありました。
買えば良かった・・・けど良き伴侶に恵まれず断念。

現在は 良き夫と共に沖縄に引っ越して叶わぬ夢でしょうがセミコンかフルコン。
若き音楽家達へ 私の時代は ドルが360円。海外持ち出しも100万円まででした。
現代の音楽家は CDも買えYOUTUBUでは 巨匠の音楽も聴け恵まれてます。
自分で頑張って稼いで良い楽器を手に入れることです。後悔しないように・・・

ピアニスト・オルガニスト 日本演奏連盟会員
頼金惠皆子(よりかねえみこ)Emiさんより

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索